この日本語辞典の使い方(ホーム)「よ」で始まる言葉>横車を押すの意味、語源

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:言動、態度、表情、状態

 

横車を押す

よこぐるまをおす

 横車を押すとは、車を横方向に押すように、無理にことを行う、無理を通すという意味。この言い方だと、「横車」というカニみたいな車がありそうだが、そうではなくて「横に車を押す」というのがこの言葉の真意。現在の車は、人が押すなら縦方向に動かすのも難しいが、この「車」は人や動物が動かした昔の荷車や牛車などのこと。「横車を押す」は、「部長が例のごとく横車を押したせいで、企画はおかしな方向に進みそうだ」のように、押された方がかなり迷惑している状況で多く用いる。縦に進むべき車を横に押されるのだから、その気持ちも納得できる。

「横」を使った類似の句に、「横紙を破る」「横槍(よこやり)を入れる」がある。「横紙を破る」は、言葉の響きはおとなしいが、「横車を押す」とほぼ同じ意味で強引にものごとを進めるということ。「横槍を入れる」は他と比べてずいぶん物騒だが、言っていることはいちばんおとなしく、横から口を挟んで邪魔をする程度の意味となる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg