隔靴掻痒

かっかそうよう

 隔靴掻痒とは、「靴を隔てて痒きを掻く」つまり靴の上から痒い所を掻くということで、効果がないことや、思い通りにいかずはがゆい、もどかしい気持ちを表す。宋の禅僧無門慧開(むもんえかい)が編んだ『無門関(むもんかん)』に見える言葉。漢字も難しいし、最近ではあまり使用頻度は高くないが、これほど「思い通りにいかなくて気持ちが悪い〜!」という感覚を明確に表し、「そう、それそれ」と同感できる四字熟語も他にないのではないかと思われる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg