文体

ぶんたい

 文体とは、文章の形式や様式という意味だが、文学においてその作者独特の文章表現をいうことが多い。つまり、他の作者や一般的な文章とは違う言葉の使い方、文の組み立て方のクセの総体、といったところである。言い換えれば、その作者の「書き方のヘタさの総体」ということである。(KAGAMI & Co.)