愚直

ぐちょく

 愚直とは、直訳すれば「バカまっすぐ」。といっても、バカみたいにまっすぐ続くアメリカの砂漠を走る道を言っているわけではなく、この「まっすぐ」は正直や一徹といった人の性格のことで、「愚直」は愚かなほど正直、一徹という意味。「愚かな」と言っているくらいだから、正直さや一徹さを誉めた言葉ではなく、正直すぎて融通が利かない、頑固というマイナスな評価を表している。それでも「馬鹿正直」「くそまじめ」「四角四面」など類似の表現と比べると、「この栄誉はひとつの道に愚直に取り組んだおかげです」などと、よい結果を生むバカさ加減について言われることが多く、端からみるとばかばかしいことにこだわっている日本人の性格を、われわれ自身がほめた言葉(他からほめてもらえないので)だと言える。(KAGAMI & Co.)

関連用語