大きなお世話

おおきなおせわ

 大きなお世話の「世話」は、他人の面倒をみること。大きなお世話は、その「世話」がたいへん手厚かったり、大がかりであったりすることを言い、手厚い看護や下にもおかないもてなしぶりを表していそうだが、逆で、他人の援助の申し出などをことわるときに用いる。つまり「よけいなお世話」とか「いらぬお節介」などと同じ意味である。

 なぜ「大きな」世話がよけいだったり、いらないものと同様に感じられるのかは、これとは逆の「小さな親切」つまり「ちょとだけの親切」がよい意味で用いられることから知れるように、あまり大きなお世話、大きな親切は、相手に過大な心理的負担をもたらすから避けるべきで、さりげないお世話、自分にできる範囲のちょっとした親切をよしとする日本的感性がもたらす反語的表現と考えられる。しかし近年では「小さな親切、大きなお世話」といった俗語表現が用いられるように、ちょっとした親切でも相手が迷惑と感じる場合もあるからやめておけという、他人への関わりを極力避ける傾向が前面に押し出されている。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg