この辞典の使い方(ホーム)「か」で始まる言葉>合点の意味

カテゴリー:慣用語

カテゴリー:文学、出版

 

合点、ガッテン、ガテン

がってん、がてん

 合点(ガッテン)または、ガテンとは、承知すること、納得すること。促音がつく「がってん」は「がってん承知」のように承知すること、促音が抜けた「がてん」は「がてんがいく」のように納得することの意味で使われることが多い。ただし最近は、「納得しました」という意味で「がってん、がってん」と繰り返すテレビ番組の影響で、「がってん」が「納得した」の意味に、また、「がってんだ!」と請け負う技術系・肉体労働系の仕事を紹介する就職情報誌が『がてん』と名付けられたことから、「がてん」が承知することの意味でも用いられるようになっている。

 合点は、もとは和歌や俳句の批評で、すぐれた作品の頭に付けられたカギ型の符号のことを言った。また、書類などを読んで同意した印としても合点を付けたことから、同意や承認の意味として用いられるようになったようである。

 合点に関して、以上のような説明で「ガッテンしていただけましたでしょうか」。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg