お変わりありませんか

おかわりありませんか

 お変わりありませんかとは、相手の安否を問う挨拶。「以前と状態が変化していませんか」という意味だが、この「変化」は、悪い方への変化を指しており、言われた方は、「お変わり」がなければ、「相変わらずですよ」とか「元気でやっています」などと答えるのが通例である。もし「良い方への変化」があったとして、「実はうれしいことがありましてね」などと得々としゃべりはじめると、相手は「それはおめでとう」と言いはするものの、ちょっと残念そうな表情を浮かべる。逆に「身体をこわしました」「事業に失敗して大損しましてね」などと言おうものなら、「それはいけませんね」と心配そうな表情を浮かべつつも、「いったい、どうしました」と興味津々でくいついてくる。人は「お変わりありませんか」と相手の安否を気づかいつつ、多少の「お変わり」を期待しているのであって、そんな「お変わりのある人」のほうがかわいげがあるとでも思っているのである。(KAGAMI & Co.)

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg