うどんすき

うどんすき

 うどんすきとは、うどんに各種野菜を加えた寄せ鍋料理。普通の鍋料理では、「締め」として最後に食べるうどんが、うどんすきでは最初から入っていて、「いきなり締めでっか?」とつっこみたくなるような料理である。うどんすきは、大阪の老舗そばうどん店・美々卯が考案し、同店の登録商標になっている。「すき」は「すき焼き」の「すき」だが、関西のすき焼きとは違い、関東の牛鍋風のすき焼きと同じ鍋料理である。関西には他に「牛すき」という鍋料理があるように、この場合の「すき」は「すき鍋」の略であり、その正体は関東風のすき焼きのことである。関西には一方で、「ちり鍋」という寄せ鍋料理があり、「たらちり」「てっちり」などが人気である。すき鍋とちり鍋の違いはだし汁の違いで、醤油などの味付けが加わっているのがすき鍋、塩味がちり鍋かと思われる。関東の「おでん」のことを関西で「関東炊き」というように、関西人はなんでも醤油味にする関東の料理文化を田舎者扱いする傾向があるが、それより「すき焼き」「おでん」という料理の本来の意味を取り違えて使っている関東の料理文化に対して、料理の本場として正しい言葉づかいを心がけようという矜恃があるのかもしれない。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg