この辞典の使い方(ホーム)「な」で始まる言葉>任侠の意味、語源、使い方

カテゴリー:法律、税制、犯罪

 

任侠

にんきょう

 任侠(にんきょう)とは、弱きを助け強きをくじき、正義のためには命も惜しまない気概をいう。まるで正義の味方のステレオタイプみたいだが、任侠は主に裏社会の人々の理想とする精神であり、任侠を通す生き方を任侠道(にんきょうどう)、そういう人たちがたくさん出てくる映画(もっとも任侠をつらぬいているのは主人公だけというケースが多いが)を任侠映画という。というのも、われわれの表社会では、強い者を助け、その強い者に(おだてたりすかしたりと必死でお願いして)弱い者を助けてもらうというのが常識的な考え方であり、「親分の縄張りで威勢を張っているとは、義理を欠いた野郎だ」みたいな理由で「強きをくじく」のは、裏社会の人々におまかせということになるのである。

「任」も「侠」も漢字ではおとこだて、おとこぎなどの意味。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
さんずのかわ.jpg
メロンパン.jpg

メロンパン

わぎゅう.jpg
看板娘.jpg