天の配剤

てんのはいざい

 天の配剤の「配剤」とは、薬を調合すること。そこから、ものごとをほどよく手配することをたとえて言う。天の配剤は、天すなわち神様は、計画を達成するのに適切な人をあてがい、才能のある人にはほどよい機会をあてがうものだという意味。「このプロジェクトにA氏が加わったのは、まさに天の配剤というべきでしょう」などと用いる。つまり、神様は優れたプロデューサーであり演出家であると言いたいわけだが、そのようにして作られた「神様映画」が必ずしも大ヒットするとは限らない。(KAGAMI & Co.)

関連用語