この辞典の使い方(ホーム)「こ」で始まる言葉>沽券に関わるの意味

カテゴリー:慣用句

沽券に関わる

こけんにかかわる

 沽券に関わるとは、その人の体面や信用にさしさわりがあるという意味。「沽券(こけん)」は土地や家屋などの財産の売買の際に売り主から買い主に渡される証文、つまり契約書のこと。そこから(土地や家屋の)売り値、値打ちの意味が生じ、さらに人の値打ちの意味に転じた。「沽券に関わる」は、「そんな根も葉もない噂を流されては、私の沽券に関わる」など、その噂が自分の体面や信用を傷つけている、自分の値打ちを下げていると言いたいときに使うが、その「沽券」は山中の物置小屋ほどの価値もない場合が大半である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg