この日本語辞典の使い方(ホーム)「れ」で始まる言葉>レッテルを貼るの意味

カテゴリー:慣用句

 

レッテルを貼る

れってるをはる

 レッテルを貼るのレッテルは、商品に貼る札、ラベルのこと。「レッテルを貼る」は、ある人物や組織について、主観的な判断で評価や格付けをするための標識を付与するという意味。「問題児」「役立たず」「老人」「ブラック企業」「右翼」など、手軽に貼れるレッテルが世の中には売るほどある。ある人物や組織が嫌いなので、批判、中傷したいのだが、具体的にどこそこが問題であるという理論を組み立てることができない場合、その相手にレッテルを貼って、「死ね」などと子供のけんかみたいなすてゼリフを投げつけておけば、そのレッテルを嫌う連中の賛同を得られる(と思い込む)という、おバカなヤツが頼りがちな安易なやり方であり、残念ながら筆者も当辞典においてさんざん利用させていただいている。(「バカ」なんてのも代表的なレッテルである。ほら、もうやっちゃった)(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg