この辞典の使い方(ホーム)「の」で始まる言葉>喉元過ぎれば熱さを忘れるの意味

カテゴリー:慣用句

 

喉元過ぎれば熱さを忘れる

のどもとすぎればあつさをわすれる

 喉元過ぎれば熱さを忘れるとは、苦しいことも時間がたてば忘れてしまうというたとえ。飲み込むまで熱いのをがまんすればよい飲食物も確かにあるが、辛い食べ物のように胃に収まってもトラウマのように内臓を刺激し続けるものもあり、「喉元過ぎても辛さは忘れられず」というような新しいことわざがあってもいいような気がする。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg