この辞典の使い方(ホーム)「お」で始まる言葉>おあつらえ向きの意味

カテゴリー:慣用句

 

御誂え向き、おあつらえ向き

おあつらえむき

 御誂え向き(おあつらえ向き)の「誂え」とは注文して作らせること、すなわち、オーダーメード。「向き」は条件に適合していること、ぴったりであること。したがっておあつらえ向きとは、注文した通りであること、「注文通り」という意味。注文した通りの製品ができあがってくるのは当然のことだが、注文主の要望をよく反映し、かゆいところに手が届くような製品ができあがったことだと、ここはとらえたい。おあつらえ向きは、「運動会におあつらえ向きの天気」のように、期待したってどうにもなるものではない事象について、期待通りの結果になった場合に用いられることが多い。しかもこの「天気」、雨が降っていないというだけではだめで、雲ひとつない快晴のさわやかな、それこそ「注文主の要望をよく反映し、かゆいところに手が届くような」天気でなければ「おあつらえ向き」とは言えないのである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg