​オワコン

おわこん

 オワコンとは、終わりのコンテンツという意味で、ネット住民に見捨てられた、あるいは見捨てられつつあり瀕死の状態のコンテンツ、サービスのこと。つまり一時期は人気のあったコンテンツやサービスであり、当時の隆盛が見る影もない対象に対して、こういう容赦ないレッテルが貼られる。完全に死んでしまったのならともかく、まだなんとか生き延びているのに、こんなことを言われるのはなんだか可愛そうな気がするが、われわれゲスな庶民は、人気を集めて大儲けていている人や会社が(特に、そいつらがえっらそうに羽振りを利かせている場合)落ちぶれるのをみるのは楽しいものであり、「オワコン」な人々には「いいときもあったんだから、まあ犠牲になってよ」となぐさめるしかないのであろう。(KAGAMI & Co.)

関連用語