この辞典の使い方(ホーム)「い」で始まる言葉>一抹の不安の意味

カテゴリー:慣用句

 

一抹の不安

いちまつのふあん

 一抹の不安の「一抹(いちまつ)」は、筆などでひとなですること。「一抹の不安」とは、筆でひとなでされたようにふと心に兆す不安をいう。「一抹」というだけに、日々の暮らしに追われ不安だらけの人には無縁な言葉であり、いけいけどんどんで絶好調な人が抱く没落や失敗の不安をいう。このような「不安」は、端から見ている野次馬には、「ぜひ的中してほしいものだ」という「過大な期待」を抱かせる。(KAGAMI & Co.)

関連用語