御陀仏、おだぶつ

おだぶつ

 御陀仏(おだぶつ)とは、死ぬこと。そこから、ものごとが失敗してだめになることをも言う。もとは南無阿弥陀仏と唱えて往生(死んで極楽に行くこと)することを言ったもの。したがって、「御陀仏」は浄土宗系の宗派のメンバーに限定された死に方、失敗の仕方であり、他宗の信者は「お釈迦になる」「おじゃんになる」などを使うことをおすすめする。無宗教の人は、浄土宗もなにも関係ないので、お好きにどれでもどうぞ。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
さんずのかわ.jpg
メロンパン.jpg

メロンパン

わぎゅう.jpg
看板娘.jpg