この辞典の使い方(ホーム)「け」で始まる言葉>けちの付き始めの意味

カテゴリー:慣用句

 

けちの付き始め

けちのつきはじめ

 けちの付き始めとは、「運の尽き物語」のプロローグ。ものごとが悪化する端緒となったできごとを言い表した言葉である。ここで「けち」は倹約家の意味ではなく、不吉な出来事という意味の「怪事(けじ)」を語源とする。ものごとがうまくいっているときは、多少いやな出来事があっても気にならないものであり、多くの人が零落してから、「あれがケチの付き始めだったな」と懐かしく振り返るのが普通である。(もっとも日本人には、それが実際に「ケチの付き始め」ではなかったとしても、「これがケチの付き始めでは?」と異常に不安がる心配性の人は多い」)(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg