この辞典の使い方(ホーム)「な」で始まる言葉>難癖を付けるの意味

カテゴリー:慣用句

 

難癖を付ける

なんくせをつける

 難癖を付けるの「難癖(なんくせ)」とは、「非難すべき欠点」という意味。「難癖を付ける」は、人の欠点や失敗をみつけて非難するということ。似た言葉に「因縁をつける」があるが、こちらが「にやにやしてるんじゃねえ」というような、ほとんど理由にもならない理由で相手を脅す行為であるのに対して、「難癖を付ける」は相手の欠点を見つける分、やや知的な行為といえるのであって、世に「クレーマー」と呼ばれる人の得意とするところである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg