臨死体験

りんしたいけん

 臨死体験の「臨死」とは、死に直面し、死の世界(というか死に際の世界)を見たり感じたりすることをいう。臨死体験とは、その「臨死」を身をもって経験することであり、「臨死の経験がある」と本人が言うくらいであるから、その人は死に直面したが結局死なず、この世であの世の「体験」を言いふらしているのである。臨死を体験した人は、「お花畑の中を歩いていた」とか「きらきら光る川が流れていた」など、共通のビジョンを語る場合が多い。そこからわれわれは死後の世界を想像するわけだが、臨死を経てそのまま死んでしまった人のレポートが圧倒的に少ないことから、死んでしまった場合同じビジョンを見るのか、お花畑のその後に恐ろしい続編がまっているのでないかなど、余計な心配をめぐらし、臨死の世界をいちがいに信じるわけにはいかないのである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg