この日本語辞典の使い方(ホーム)「は」で始まる言葉>敗軍の将は兵を語らずの意味

カテゴリー:ことわざ、故事成語、名言、名句

カテゴリー:政治、軍事

カテゴリー:スポーツ

敗軍の将は兵を語らず

はいぐんのしょうはへいをかたらず

 敗軍の将は兵を語らずとは、戦いに敗れた将軍は兵法について語らない、語る資格がないという意味。中国前漢時代、劉邦の家臣韓信が趙を破って、捕虜にした敵将李左車を軍師として迎え入れようとした際、李左車は「敗軍の将は勇を語らず(敗れた将軍は武勇談を語るべきではない)」つまり「自慢話になるからやめときましょう、その話は」と辞退したが、韓信に「そんな有能なあなたを趙は重んじなかった。うちはギャラはずみまっせ」と説得されて(会話の内容は創作が混じっています)、策をさずけたという『史記』の逸話に基づく。つまり、本来は「負けたヤツが自慢話してどうする」というあたりまえの言葉だったが、「敗れた将軍が兵法を語る資格はない」という意味に変化したのがこの格言。

 この語は近年、スポーツの試合に敗れた監督が「あのバカが逆点の好機にシュートミスしなければ…」などと選手のグチを言うべきではない(それがホンネであっても)という意味で語られる。つまり、「兵を語らず」の「兵」を文字どおり「兵隊」ととらえた解釈が広まっており、そこから「負けたヤツは言い訳するな」「負けたのを人のせいにするな」という、スケールの小さい話に収まってしまっている。試合に負けたのにうるさく感想や敗因を聞いてくるマスコミ(感想は「ちくしょうーっ」、敗因は「選手がバカだから」だよ!)をスマートに避けるのに適した格言である。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg