この日本語辞典の使い方(ホーム)「も」で始まる言葉>黙祷の意味

カテゴリー:宗教、民間信仰、俗信

 

黙祷、黙禱

もくとう

 黙祷とは、声に出さずに祈ること。終戦記念日の正午、甲子園の高校野球の試合を中断して戦没者の慰霊と平和を祈念して行われる黙祷がよく知られている。言葉に出さないので、そのときに「あ〜、ビール飲みてえ」と考えていたとしても特に問題なく、その人の善意を信じたお祈りの仕方であるといえる。日本の宗教には、念仏や題目をひたすらとなえるだけで救われるという宗派があり、信者を多数獲得している。はた目には、そんなことで救われるんなら楽勝じゃないかと思われるかもしれないが、人前もはばからず大声で念仏や題目をとなえるのは勇気が必要で、それこそが強い信仰のあかしである。そこへいくと黙祷は、「ビール飲みてえ」でもかまわないわけで(特に真夏の甲子園球場ではそんなことを考えているヤツが多いに違いない)、宗教心のない者にはありがたいお祈りの仕方であるといえる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg