この辞典の使い方(ホーム)「あ」で始まる言葉>あくびの意味、語源

カテゴリー:身体、生理

 

​欠伸、あくび

あくび

 あくび(欠伸)とは、芸人殺しの武器。眠いときや退屈したときなどに、(「あ〜」などと言いながら)口を開いて大きく息を吸い、(「あ」などと言いながら)最後にその息を軽く吐き出す呼吸運動のこと。「飽き吹き」「飽き息」などから来ていると考えられているように(他の説もあります)、昔から、人の話が退屈だったり、単調な仕事を続けて飽き飽きしたようなとき、その気持ちを表す行為だったことは変わりないようだ。あくびは血液中の二酸化炭素の濃度が高くなったとき、呼吸中枢が刺激されて起こる生理現象だそうだ。してみると、つまらない芸人の芸や社長、校長の訓辞は、見聞きしている人を窒息させる(二酸化炭素濃度を高くするのだから)恐ろしい兵器であり、それに対抗するためにやむを得ず放たれるあくびは「防衛装備」だと言えなくもない。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg