自浄作用

じじょうさよう

 自浄作用とは、川、湖、海、大気などが自ら汚濁を取り除く作用のこと。そこから慣用語として、組織が内部の悪を自ら防ぐはたらきを言う。内部告発なども組織の自浄作用のひとつと言える。しかし残念なことに、自浄作用が十分働いている組織は、もともと自浄作用が必要ない組織ばかりである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg