名は体を表す

なはたいをあらわす

 名は体を表すとは、ものの呼び名はそのものの実体を言い表すということわざ。しかし、フランスの言語学者フィルディナン・ド・ソシュールによると、ものの名は、その名が表すものに対して恣意的、つまり「名付け親の勝手でしょ」であり、わが子を「悪魔」だの「●●こ」だのと命名しようが、言語学上はなんの支障もないのである(注:たぶん説明が適切でないと思います。言語学者の皆さまには謹んでお詫び申し上げます)。というわけで、ソシュールの命題は、「名が体を表している」と思いこんで、一所懸命語源などをしらべているおバカな人々(オレか?)に冷や水を浴びせている。(KAGAMI & Co.)