名物に旨い物なし、名物にうまいものなし

めいぶつにうまいものなし

 名物に旨い物なしとは、旅行先で食べたり、お土産に買って帰る有名な食品はえてしておいしくないという意味で、そこから、名の通ったものに必ずしも実がともなうとは限らない、実のともなわないものが多いという格言。観光地などの名物は、一度名が売れてしまうと、その味を守って時代に取り残される傾向にあると好意的に解釈もできるが、実際は、その「名物」が登場したころは、ど田舎の観光地には他にろくなお土産もなくて、たいしてうまくなくてもみんながしかたなく買って帰ったためにそういうことになったのではないかと思われる。有名人に実質がともなわないという例えも、競争者のいないローカルな領域で評判を得ている人物について、似たような状況が指摘される。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg