六十にして耳順う

ろくじゅうにしてみみしたがう

 六十にして耳順うとは、『論語』為政篇中の孔子の言葉。60歳になったとき孔子は、世間の噂に惑わされることなく、何事にも素直に耳を傾けて真実を理解することができるようになったという。そこから60歳のことを「耳順(じじゅん)」と言うが、もちろん、そんな悟りの境地に達せられるのは孔子だからであり、世間一般の60歳は、「六十にして耳逆らう」「耳逆(じぎゃく)」と表現するのが相応ではないだろうか。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

しょんべん.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg