この辞典の使い方(ホーム)「つ」で始まる言葉>罪滅ぼしの意味

カテゴリー:慣用語

カテゴリー:法律、税制、犯罪

 

罪滅ぼし

つみほろぼし

 罪滅ぼしとは、罪のつぐないをすることだが、罪を滅ぼす、つまり、罪を消す、罪をなかったことにするという意味からも、よほど念の入ったつぐないをしなければ「罪滅ぼし」には当たらない。したがって通常は、悪事を働いてきた人が宗教者となって善行を積むといった本格的な贖罪についていう。法律的には刑務所には行って刑期を勤めれば罪滅ぼししたことになるが、ムショを出ても「前科」というおしるしが付くので、完全に「滅ぼし」たことにはならないのかもしれない。日常生活でこの言葉は、「せめてもの罪滅ぼしにこのお金を受け取ってください」のように、「当方ができるせいいっぱいの罪滅ぼしとして」といった使い方をされることが多く、「罪滅ぼし」のレベルではないがなんとかこれでチャラにしてくださいと虫のいい提案をするときに用いる。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg