ゆとり教育

ゆとりきょういく

 ゆとり教育とは、20世紀末から21世紀初頭まで日本で実施されていたゆとりある学校を目指した教育政策のこと。つめこみ教育の弊害を是正するために、自ら学び、自ら考える教育への転換をめざし、授業時間数の削減、週5日制、絶対評価の導入などの改革が行われたが、学力低下の原因であると非難を受け、2010年代半ばから「脱ゆとり」に転換している。というわけで現在「ゆとり教育」とは、ふつうのおバカが、「ゆとり教育のおかげでこんなんなっちゃいました」と言い訳するのに適している教育政策のことである。(KAGAMI & Co.)

ゆとり教育.jpg

関連用語