この辞典の使い方(ホーム)「と」で始まる言葉>途轍もないの意味、語源

カテゴリー:慣用句

 

途轍もない

とてつもない

 途轍もないの「途轍」は、道(=途)と車輪の跡を意味する轍(わだち)からなる言葉で、直訳すれば「みちすじ」「すじみち」。つまり道理、常識という意味である。ただし「途轍」だけではほとんど用いられず、この「途轍もない」という句で、道理に合わない、考えもつかない、とんでもないという意味を表すことになる。「途轍もない」は、例えば「彼らは途轍もない大事業に挑んでやり遂げた」などと用いる。つまり「道理では考えも及ばないような大事業に挑んで完遂させた」という意味だが、実際にその事業に取り組んでいる人々はすじみちを立てて着々と実行に移しているのであって、われわれ傍観者はおバカなので理解が及ばず、思わずこんな言葉を口走ってしまうのである。

(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

ひしょ.jpg
ちくわ.jpg
肉が落ちる.jpg
てんぬき.jpg
つくだに.jpg