人目

ひとめ

 人目とは、他人の目のことだが、他人が自分を見る目、視線という意味で使われ、「人目を避ける」「人目をはばかる」「「人目が気になる」「人目を引く」のように用いられる。例にあげたように、この「人目」は、ただぼやっと自分を見ている目ではなく、人を評価する(それも、悪評を立てようとして鵜の目鷹の目狙っている)視線であり、悪いことをするなら、避けたりはばかったりしなければならない「目」である。(KAGAMI & Co.)

関連用語