鴛鴦夫婦、オシドリ夫婦

おしどりふうふ

 鴛鴦夫婦(オシドリ夫婦)とは、仲が良くいつも一緒にいるような気持ち悪い夫婦のことを言う。オシドリがいつも仲良くつがいで行動しているように見えることから、芸能界などで仲の良い夫婦の例えにしばしば用いられ、その関係が破局を迎えると「仮面夫婦だった」などと言われる。しかしオシドリがつがいで行動するのは繁殖期だけで、翌年は別のカップルで行動するのだそうだ。してみると「鴛鴦夫婦」は、「仮面夫婦」を織り込み済みの言葉だと言えそう。「鴛鴦(えんおう)」の例えは、古く中国の詩句に盛んに用いられているから、「仮面夫婦」のオシドリ演技にすっかりだまされていたのは昔の中国人なのである。なお、「鴛鴦」という漢字は、「鴛」がオシドリのオス、「鴦」がメスを意味しているらしい。つまり、中国の人々は「鴛鴦」という熟語を作った時点ですでに、オシドリ演技にやられていたのである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg