ヒットを飛ばす

ひっとをとばす

 ヒットを飛ばすとは、主に音楽業界で売りだした曲が人気を得るという意味で使われる。単純に考えて野球用語のように思えるが、野球ではここぞというときに安打を打った場合に「4番打者がヒットを飛ばして2者を迎え入れた」などと使われ、普段のヒットにはいちいち「ヒットを飛ばした」とは言わないような気がする。同じ「飛ばす」なら「俊足を飛ばして二塁を奪った」のように、走りの速さについて言う場合の方が多い。つまりこの「飛ばす」は、普通と違う並外れた「飛ばし方」をした場合に使用されるのだと言えそうで、見ている人に「飛んでる」爽快感を与える状況でなければならないのである。そう考えれば、音楽業界での「ヒットを飛ばす」という使い方は納得がいくものであり、うだつの上がらない無数の作品の中で、たまたま人気を得る曲があれば、ファンはともかく、制作者側の「飛んでる」感はハンパないものと思われ、「飛んで」いなくても、浮き足だって「舞い上がって」いることは間違いない。

(KAGAMI & Co.)

関連用語