もちもち

もちもち

 もちもちとは、食べ物の食感を表した語で、弾力性が強い(コシが強い)感覚を言う。例えばピザで「もちもちの生地」と言えば、ぺったんこでパリパリしているローマピッツァではなく、厚みがあってふわふわしているナポリピッツァの生地を表している(もちろん、ちゃんとおいしいナポリピッツァでなければ「もちもちの……」とは言い難い)。

 もちもちの「もち」はもちろん「餅」から来ていると思われるが、はっきり言って、餅そのものの食感は「もちもち」とはほど遠い。日本人は餅好きなので、材料がぜんぜん違うし食感だってまったく似ていない菓子を「葛餅」とか言って売りだしてしまうので、この「もちもち」も同様に、ちょっと違うけどうまそうだから「もち」でいいんじゃね、くらいのノリで使われているのではないだろうか。

 (KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

うちまたこうやく.jpg
冷ややっこ2.jpg
市中引き廻し.jpg
ふたことめには.jpg
もたれる.jpg
ウルメイワシ.jpg