お帰りなさい

おかえりなさい

 お帰りなさいとは、帰宅した者を迎える言葉。帰宅した者が「ただいま」と言い、在宅者が「お帰りなさい」と返すのが通例。日本の挨拶語には謎めいたものが多いがこれもそのひとつ。単純に考えると、「なさい」は「する」の尊敬語「なさる」の命令形なので、「お帰りなさい」は「帰れ!」と言っているようなもの。帰宅した者は「え、オレは追い出されるわけ? ど、どこへ帰ればいいのか?」と哲学的な悩みを抱いてしまう。しかし、心配はご無用で(誰も心配してないか…)、「お帰りなさい」は、実際は「よくお帰りなさいました」の略と考えられる。「なさいました」は「なさりました」が変化した語で、「する」の尊敬語「なさる」の連用形「なさり」をさらに丁寧にする「ます」を付けた「なさります」の過去形である。帰宅者を迎えた者は「よく帰ってきたね」と歓迎しているわけで、どこかへ消え失せろと言われているのではない(言われそうな人もいるかもしれないが)。(KAGAMI & Co.)

関連用語