芋を洗うよう

いもをあらうよう

 芋を洗うようとは、狭いところで大勢がひしめきあっているさまを例えた言葉。大きな桶に水を張り、大量のイモを入れて洗う様子を言っているので、特に、夏の暑い日の市民プールの混雑ぶりを表現するのに用いることが多い。この場合、そこに集った人々が、本当にイモねえちゃんやイモにいちゃんであるかは問われない。

(KAGAMI & Co.)

関連用語