​激おこプンプン丸

げきおこぷんぷんまる

 激おこプンプン丸とは、激しく怒っている人を言い表した俗語。2013年に女子高生の間で流行り、現代もそこそこ使われているようである。怒っている人を戯画化した表現で、本気で怒っているか馴れ合いかにかかわらず、自分のことを言っている場合は自虐的に用い、他人のことを言っている場合は、その人物を不当におとしめないよう配慮した言い方かと思われる(「べつに~、なんも考えてねーし」かもしれないが)。

「おこ」は怒っていることを意味するギャル語。プンプン丸の語源についてはあまり語られていないが、おおもとは漫画家つのだじろうの原作で1970年後半に放映されたアニメ『ぴゅんぴゅん丸』ではないかと思われる。それが1980年代~90年代に活躍したプロ野球選手・池山隆寛の愛称「ぶんぶん丸」(バットをぶんぶん振り回すから)に影響を与え、似たようなタイプの選手の愛称として受け継がれてきたものが、「プンプン丸」につながったと筆者は考える。もっとも、直接的な語源があったのかもしれず(漫画のセリフとか、タレントの口癖とか)、ご存じの方があったらご教授願いたい。

 (KAGAMI & Co.)

関連用語