ウルメイワシ

うるめいわし

 ウルメイワシは、ニシン科ニシン目の魚で、鰯(いわし)の一種。他のイワシより大型で、干物に適する。刺し身でも食されるが、痛みが早いので、われわれが食べている刺し身や寿司のイワシは、ほぼ間違いなく腐りかけであり(注:やや誇大な表現であることを認めます)、寿司屋などでうまそうにイワシを食べていると、「おまえら、ほんとうにうまいイワシの刺し身なんか食ったことねえだろ」と通にバカにされる(注:たぶん、そんな「通」は実際にはいないと思います)、そんなイワシである。

 ウルメイワシの「ウルメ」は、ウルウルしている目のことだが、目を覆う脂瞼(しけん)という膜が厚いため潤んでいるように見えることからこの名がついたとのこと(他の説もあるにはあるそうです)。

(KAGAMI & Co.)

ウルメイワシ.jpg

関連用語