食ってかかる

くってかかる

 食ってかかるとは、激しく口撃する、議論をふっかけるという意味で、「相手かまわず食ってかかるめんどくさいヤツ」などと使うように、立場の弱い者が強い者に対して攻撃する(といっても手は出さない。一発でやられちゃうから)という意味合いの言葉である。

「かかる」は「かかってこい」などと使うように、立ち向かう、攻撃するという意味。したがって「食ってかかる」は、相手に食いつくように攻撃するということ。行為としては「食いつく」「食らいつく」「かじりつく」「噛みつく」などと同じで、慣用的な意味としては「噛みつく」に近い。

 (KAGAMI & Co.)

関連用語