この辞典の使い方(ホーム)「か」で始まる言葉>顔に泥を塗るの意味

カテゴリー:慣用句

 

顔に泥を塗る

かおにどろをぬる

 顔に泥を塗るとは、ある人に恥をかかせる、面目をつぶさせるという意味であり、決してエステのメニューではない。実際に人前で顔に泥を塗られたら大恥をかくに決まっているが、それはあくまで例え。「顔」は、ここでは面目、名誉、「泥を塗る」は面目を失わせるような行為のことで、組織のトップが「わが社はブラック企業から脱しました」と宣言した翌日に、部下がどブラックなパワハラをかましてしまったようなときに「よくもオレの顔に泥を塗ってくれたな」などと使う。言うまでもないが、この「オレ」様は、つぶされるほどの面目を持っている(と自分では思っている)人物でないとさまにならない。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

うちまたこうやく.jpg
冷ややっこ2.jpg
市中引き廻し.jpg
ふたことめには.jpg
もたれる.jpg
ウルメイワシ.jpg