きのう、昨日

きのう

 きのう(昨日)とは、今日の一日前の日。「今日」という項目を「昨日の一日後の日」と説明するとどうどうめぐりになるが、一般の辞書にも意外にこうしたどうどうめぐりの説明があるので調べてみるとよい(そんなヒマ人じゃないってか)。

 昨年を「こぞ」、昨夜を「きぞ」または「こぞ」と言っていたように、「きのう」の「き」は「来る」の「来(き)」だと考えられている。「ふ」は「日(ひ)」で、つまり「来の日(きのひ)」が変化したのが「きのふ」「きのう」だということだ。「来し方(こしかた)」つまり「(歩いて)来た方向」という言い方があるように、歩いてきた道を振り返って見たところにあるものという感覚で言われるのが、昨日(きのう)、昨夜(きぞ)、昨日(こぞ)に使われる「来(き、こ)」ではないかと思われる。(VP KAGAMI)

関連用語