ビーガン、ヴィーガン

びーがん、う゛ぃーがん

 ビーガン(ヴィーガン)とは、厳格なベジタリアン(菜食主義者)のことで、肉ばかりでなく、卵や乳製品も含む動物性食品を食べない主義、またはその主義に基づいて生活している人のことをいう。ビーガンやベジタリアンは、健康志向という動機以上に、動物愛護の精神からその食生活を選択しているようだが、ビーガンのように卵や乳製品も避けるというのはやりすぎではないかとも思える。しかし動物愛護の精神をつきつめれば、卵や乳製品をとるために飼育されるメスはともかく、同じ数だけ生まれるオスはどうなるのかなどといらないことまで考えざるをえず、思想的な人物がベジタリアンからビーガンに進むのはやむをえないことである。しかし、もし世の中の人がすべてビーガンになったら、たぶん牛やニワトリはすぐに絶滅危惧種になるだろう(羊は人が食欲を我慢すれば毛を提供して生きていける〈これも搾取にあたるだろうか?〉し、ブタはペットとして生きる道もあり、いざというときの非常食にも……)。人類が犯しつづけてきた罪の精算も並大抵ではない。

 veganは、vegetable+anの合成語で、1944年にイギリスの菜食主義者ドナルド・ワトソンが、動物性の食品をいっさい食べない厳格なベジタリアンを表すために作った造語だとのこと。やはりこんなことを考えるのは、まずい料理を食べ慣れ、動物愛護活動の活発なイギリス人ならではであり、快楽主義的なフランス人やイタリア人は思いつきそうにない(オレたちの作ったモッツァレラやパルミジャーノ・レッジャーノはどうしてくれる、とかなんとか言っちゃいそうだし)。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

きゅうしゅ.jpg
ゆとり教育.jpg
パクチー.jpg
わぎゅう.jpg
看板娘.jpg