三流

さんりゅう

 三流とは、品質や程度の劣る等級という意味。最も優れている一流、それより劣る二流、さらに劣る三流という分類になる。一流ではないということを示すためだけなら「二流」でよいわけなのだが、ちやほやされていい気になっている人物を見て、「あんなヤツ、二流を名乗ることさえおこがましい」といくぶんお怒り混じりにたたきつける言葉が「三流」であると言えるかもしれない。(KAGAMI & Co.)

関連用語