親の因果が子に報う

おやのいんががこにむくう

 親の因果が子に報うとは、親の悪行の報いが子の不幸となってあらわれるという意味。仏教の因果応報の考え方に基づくとも言えるが、仏教の場合、前世での行いが現在の自分に報うとするのが定説で、家族間での感染(?)は中国の思想が影響しているとも考えられる。しつけの悪い子どもの扱いに困って、「親の顔が見たい」などと言うことがあるが、「親の因果が子に報う」は、それをもっとおどろおどろしくさせたバージョン、オカルト版とも言えそうだ。

 おどろおどろしさが強い「親の因果が子に報う」は、日常ではあまり使われない言い草で、ひとむかし前、見世物小屋の口上で「親の因果が子に報い、生まれついたのがこの娘(こ)でござい」などと使われた。私が耳にした口上によると、娘の出身は北海道十勝、石狩川の上流だそうで(やけに詳しいのは、バカ話にリアリズムを持たせる演出である)、ある日、娘のおやっさんが道ばたでマムシに出会い、手にしていた鍬(くわ)でその胴体を真っ二つにしたところ(このあたりもリアリズムの極地である)、マムシの執念が子に報い、現在18歳のその娘は手足が長く胴体に巻き付くというヘビ娘なのだとか(日常のリアリズムから突然オカルト世界に導かれる)。こんな内容の口上に節をつけて調子よく語り、客を呼び込むわけだが、当時の無知蒙昧な大衆でなくても、「手足が胴体に巻きつくんだってよ! わけわかんねえけど、ヘビ娘、見てみて~っ!」という気になる。

(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

クリームソーダ.jpg
つけ麺.jpg
まいど.jpg
しらんけど.jpg
お互い.jpg
ウルメイワシ.jpg