鰻丼

うなどん

 うな丼(鰻丼)とは、鰻のかばやきを丼めしの上に乗せた料理。値段の都合でめったに食べられない鰻重(鰻のかばやきを重箱のめしの上に乗せた料理)の鰻をやや小振りにし、輸入物の鰻であることはもちろん、へたをすると冷凍物であることを隠しもせずに、安いからいいじゃないかという勢いで提供される安価な丼料理の一品。とはいっても、高価な国産鰻のご威光か、鰻料理の専門店などではうな丼でさえふざけた値段で提供しているところもあり、庶民的な丼料理の中ではどこか「他の丼と一緒にしないでくれる」的な雰囲気を漂わせていると感じるのは私だけだろうか。

 うな丼は、文化年間(1804~1818年)に、芝居小屋の経営者であった大久保今助が考案したものだそうだ。今助は鰻のかば焼きを出前で取っていたが、届けられた鰻がいつも冷めているのを残念に思い、あれこれ工夫していたところ、ある日、丼めしの上に鰻を乗せ、フタをして持ってこさせればよいのではと思いつき、みごと暖かい鰻にありつくことができたという。

 ちなみに、このうな丼こそが、丼ものという料理ジャンルの発祥であるという衝撃的な情報(それほどでもないか)を付け加えておこう。

(KAGAMI & Co.)

関連用語