この辞典の使い方(ホーム)「こ」で始まる言葉>骨肉相食むの意味

カテゴリー:慣用句

骨肉相食む

こつにくあいはむ

 骨肉相食むとは、血縁者同士が激しく争うという意味。文字通りに解釈すると、骨と肉を互いに食い合うという意味で、ゾンビでなければ不可能な状況。しかしこれは骨や肉を食うのではなく、「骨肉」で「血縁者」というひとつの慣用語となり、血縁者同士が食い合うという少しはマシな意味合いとなる(それでもまだカマキリみたいだが)。血縁者を「骨肉」とえげつなく例えるのはやはり中国人で、日本では「血を分けた間柄」がせいぜい。この「骨肉相食む」という言い方も、いやなヤツばかり登場して肉親同士がいがみあうドロドロのドラマ(誰がそんなドラマ見たがるんだといつも思うが)のような状況を例えるのに使い、「骨肉の間柄」と言われてもバーベキューで骨付き肉を分けあう間柄かと勘違いされる。(VP KAGAMI)

関連用語