知らんけど

しらんけど

 知らんけどとは、「知らないが」の関西弁風の言い方、また、関西風の使い方。関西を中心に(特に関西のおばはんを中心に)最近よく使われる表現である。この「知らんけど」は、ただ単に「知らないが」の意味ではなく、「あの人のせいで受賞逃したらしいで。知らんけど」とか「大統領がうまくいく言うとんのやさかい、好きにさせといたらええやん。知らんけど」のように、根拠のないうわさ話や、希望的観測を述べた後に付けて、「ほんとうかどうかは知らないが」「結果がどうなるか知らないが」という意味で用いる。つまり、好き勝手なことを言ったあと、相手の追求(「ほんまかいな?」とか「うそや〜っ!」みたいな)を逃れるためにひとこと添えておく便利アイテムである。(KAGAMI & Co.)

関連用語

講談社より『笑える日本語辞典』発売中! 

書店、ネット書店等でお求めください。

定価1.000円+税

中国語繁体字版『笑談日本語』登場!

台湾、香港等で発売中

うちまたこうやく.jpg
つけ麺.jpg
まいど.jpg
しらんけど.jpg
お互い.jpg
ウルメイワシ.jpg