この辞典の使い方(ホーム)「は」で始まる言葉>バイアスがかかるの意味

カテゴリー:社会、教育、交通、通信

カテゴリー:慣用句

カテゴリー:外来語、和製外来語

 

バイアスがかかる

ばいあすがかかる

 バイアスがかかるとは、意見を左右するような先入観が加わる、偏向的要素に影響されている、という意味。まだ日本に定着した言葉とは言い難いが、例えば「あいつの意見にはバイアスがかかっているから信用しない方がいい」などと使われる。つまり「あいつはウワサを信じてオレの悪口を言っているだけだから相手にするな」というようなことを言いたいのであり、相手の意見が気に入らないが、間違っていると理論立てて否定できないとき、相手の意見そのものを無効化する手法として用いられる。また、相手に「あいつ」の「バイアス」がかかるのを防ぐ手段と見ることもできる。

 英語“bias”は、偏見、偏った見方という意味で使われるが、本来は斜めの線、傾斜という意味。フランス語で「斜めの」を意味するbiais(ビエ)から来ていると言われるが、その源流は定かではない。いずれにしても、考えが片方に傾斜している状態をbiasと呼ぶようになったと考えれる。

 英語ではbiasだけで動詞「バイアスをかける」の意味を持つが、日本語では「かける」「かかる」と動詞を加える。電子工学の分野で電子部品を適切な状態で動作させるために、部分的に電圧または電流を加えることを「バイアスをかける」と言うが、このあたりの言い方が日常会話にも影響しているのではないかと思われる。

 (KAGAMI & Co.)

関連用語

  • 色眼鏡で見る(未掲載)