top of page

地獄の沙汰も金次第

じごくのさたもかねしだい

 地獄の沙汰も金次第とは、厳しい地獄の裁判さえも渡す金が多ければ軽くもなるという意味で、金さえあればこの世はなんとでもなるという教え(というか、諦観)。「沙汰」はことの是非や善悪を論議して定めること。またその決定事項や指図、命令をいう。このことわざは、地獄で罪を軽減してもらうためにも現世でもっと稼いでおけという、金儲けのススメとも受け取れるが、そんな説得にしたがって金儲けに励むヤツは昔もいなかったと思われ、地獄も甘く見られたものである。(VP KAGAMI)

関連用語