箸をつける

はしをつける

 箸をつけるとは、箸で食べ物に触れるという意味。もちろん、ただ触れるだけではなく、そのあと箸で食べ物をはさみ、口に放り込むのである。つまり、「箸をつける」とは、食べ物を食べるための第1ステップを踏むという意味。出された食事を遠慮して(か、恐れてか)食べようとしない人に対して「どうぞ、箸をおつけください」とうながす(か、脅す)ときなどに用いる。(KAGAMI & Co.)

関連用語